知っておくべき流通と信販系カードローンのメリットとデメリットについて解説します!

 

普通、お金を借りるとなると、消費者金融や銀行系のカードローンをイメージする方が多いと思われます。

 

ですが、流通系や信販系カードローンもあり、それぞれメリットやデメリットを持ち合わせており、ご自身の状況に適したサービスもあるかもしれません。

 

そこで、こちらの記事では流通・信販系カードローンについてのメリット・デメリットについてまとめてみましたので、ぜひご参考にしてください。

 

 

流通系カードローンのメリット・デメリット

 

流通系カードローンとは、デパートや百貨店のポイントカードに付属しているキャッシング機能によるカードローンです。

 

大手のデパート・百貨店となるとポイントカードにクレジット機能やキャッシング機能が付いていることがあるので、利用したことのある方もいらっしゃるかもしれません。

 

流通系カードローンのメリットとしては、比較的早く作りやすいという点にメリットがあります。

 

デパートや百貨店としてもポイントカードを流通させたがっているので、審査などもスムーズに完了することが多く、早めに発行できるのです。

 

しかしながら、その反面、金利が高めに設定されているため、カードローンとして利用していくと返済の負担が大きくなってしまいます。

 

そのため、他のカードローンを利用したほうがお得といえるでしょう。

 

 

信販系カードローンのメリット・デメリット

 

信販系カードローンとは、クレジットサービスを中心とする会社がキャッシングも行うという形で展開しているカードローンです。

 

全体的に低金利で利用できるカードローンが多く、便利に利用していくことができます。

 

また、クレジット機能付のカードも発行できるため、キャッシング機能と併用してクレジット機能も利用できることもあるのです。

 

しかしながら、信販系カードローンは審査時間が2週間以上かかることも珍しくなく、中々発行することができないことが多くなっております。

 

そのため、信販系カードローンはキャッシングをお急ぎの方にはあまりお勧めできません。

 

 

お金を借りるのでしたらやはりカードローンがオススメです。

 

上記のように、流通・信販系カードローンにはデメリットもありますので、お申し込みの際にはご注意ください。

 

流通・信販系カードにデメリットがある理由として大きいのは、どちらもキャッシングを専門とする会社のサービスでないというのが大きな理由となります。

 

やはり、現金を貸し出すキャッシングサービスをメインとしているカードローンのサービスに比べれば、サービス内容は劣ってくるのです。

 

カードローンでしたら、金利サービスがあったり、即日キャッシングが可能な会社が多い為、便利に利用していけるでしょう。

 

特にインターネットで申し込みますと即日キャッシングが可能な会社が多く、便利に利用していくことが可能です。

 

消費者金融は銀行に比べるとスピード面が優秀な分、金利が高いという傾向がありますが、会社によっては無利息キャッシングサービスなどもあります。

 

一方、銀行系カードローンは低金利で利用できる反面、スピードが遅くなりがちでしたが、近年では即日キャッシングできる銀行も増えてきました。

 

このように、サービス面が年々良好になってきている傾向にありますので、ぜひお金を借りるのでしたらカードローンサービスを利用しましょう。

 

アイフル在籍確認について。土日にお金借りる場合覚えておきたいポイント